<相模原の障害者施設で大量殺人>

相模原の障害者施設で大量殺人


 26日午前2時45分頃、神奈川県相模原の障害者施設に刃物を持った男が侵入し、多数が刃物で刺され、19人が死亡し、26人が重軽傷を負ったようである。





 →障害者ら刺され19人死亡25人負傷、男逮捕 相模原
 →26歳容疑者「意思の疎通のできない人…」

 →相模原障害者施設殺傷事件
 →フロリダ銃乱射事件
 →2016年ニーストラックテロ事件

 世界中に報道される大事件になったようだが、身動き出来ない被害者を統合失調症で妄想障害を起こしていたと思われる犯人が刺し殺して回った凶悪事件だったようである。事件を起こした日付が犯人の年齢の26歳と同じ26日であるなど、目算的な計画だったようにも思える。

 毎日のように世界中で大量虐殺を狙ったテロが続発し、犠牲者数が増えている時期だけに、テロに刺激されて引き起こした事件とも受け取れるが、真夏の猛暑が続き、地震が多いなど、ストレスが溜まりやすい時期の犯行だけに、病気が原因だったとも考えられるようだ。

 犯人が田原俊彦の顔真似をして笑う様子がテレビで何度も映し出されていたが、有名人のコスプレをして印象を良く見せようとする印象操作であり、信じてはならないだろう。

 単独犯による大量殺傷事件は世界中で続発している。その数はフロリダ銃乱射事件、ニーストラックテロ事件など、数十人規模の殺傷事件が増えているようである。社会的弱者を狙って、数を競う大量殺人事件が横行しているのが現状のようだ。移民問題、同性愛、障害者に対して、破綻したエリートが凶行に及んでいる点で、現在の国際問題が影を落としているように思える。



                                   <NOBUAKI>