<原発再稼動問題はどう考えるべきか>

原発再稼動問題はどう考えるべきか


 地球温暖化が急速に進み、今年はグリーンランド氷河が全域で表層に水溜りが出来た状態になるなど、地球の高温化が進む中で、温室効果ガス削減と原発依存からの脱却という二律背反の難しい問題が深刻化する事態になっている。

 原発再稼動反対運動が首相官邸前で盛り上がっているようだが、原発再稼動に対しては国民全体の意見は複雑なように思う。単に再稼動に賛成か、反対かという問い掛けには躊躇する人が多数派だろう。

 おそらく、原子力の安全性確保と並行して徐々に原発を削減し、最終的には全廃する路線に賛同する人が多数派であり、その間は節電の強引な押し付けや深刻な電力不足は回避したいという意見が多いと思われる。

 原発再稼動に反対する人が多いのは安全性確保が杜撰だからであり、十分な安全性確保が実現しても再稼動反対が多いわけではないだろうと思う。今後も原発への電力依存は必要悪として認めざるを得ないが、数十年の時間を置いて、最終的には原発から脱却した再生可能エネルギーによる電力供給体制の実現が理想という意見だろう。

 ところが、電力会社側の論理から言えば、旧来の火力発電に戻るのは費用が嵩んで赤字経営に陥り、再生可能エネルギーも黒字転換出来るかどうかもわからず、実現するとしても何十年も先であり、その間は黒字経営が可能なのは原発だけしかないというのが本音のようである。

 実際、大量の石油や天然ガスを消費して電力供給を維持する現状は、貿易赤字の拡大しか望めず、温暖化問題の解決にもならず、原発無しでは貿易黒字などあり得ないのかもしれない。

 しかし、福島第一原発事故を振り返ってみると、事故発生時に政府が東京電力職員の一斉引き上げに応じて原発を放置したまま爆発事故が起こっていたら、職員が再び放射能に汚染された原発に戻るのは不可能だったはずであり、そのまま原発の暴走を止める者がいないまま、制御不能に陥った福島第一原発全てが暴走爆発事故を起こし、使用済み核燃料棒を保管している燃料プールの冷却水も枯渇して燃料棒が溶け出し、高濃度放射能が環境中に撒き散らされて、国を失う事態になっていたのではないだろうか。

 福島第一原発事故が首の皮一枚で繋がった事故だったのは間違いないだろうし、それをたった1年で忘れて原発再稼動が容認出来る状況ではないだろう。原発事故への恐怖から荒れる国民感情を政府が説得出来ていないの一言に尽きるのではないだろうか。

 米国、旧ソ連の超大国は原発事故が起こっても国の一部を失うだけでしかなく、原発も止めずに稼動を続けている。原発への理解を求める説得にも政府が力を注いでいる。

 それに対して、国土面積が狭い日本では原発事故の影響はあまりにも大きく、物質的な被害以上に精神的な被害が大きかったように思う。自殺者が増えたり、鬱(うつ)症状に苦しむ人が増えているとも言われる。政府の情報公開や国民への説得も十分ではなく、嘘を嘘で固めた原子力政策に騙されるのに嫌気が差した人達が反対運動を展開しているのではないだろうか。

 スリーマイル島原発事故もチェルノブイリ原発事故も原発建屋が爆発する映像は存在しない。それに対して、福島第一原発事故は原発建屋が2度も爆発で吹き飛ぶ映像が全世界のメディアに公開され、それを見た人々の恐怖心を煽る結果になっているのも一因としてある。

 冷静に考えれば経済原理を無視した電力供給などあり得ないのかもしれない。しかし、国や生活を失う危機感に怯える人達を経済原理で説得出来るものだろうか。貿易赤字解消の為に原発再稼動と言って説得出来るものだろうか。国や生活と引き換えの原子力依存を説得出来るものだろうか。

 福島第一原発事故後に全ての原発を止めたのが政策上の誤りだったと指摘する人がいないようだが、原発を止めずに稼動を続けていれば、電力不足は起こらなかっただろうし、再稼動に激しい反対運動が起こる事態も回避出来ていただろう。

 全ての原発を停止した後で、再稼動問題が浮上するたびに、原発敷地内に活断層が発見されたり、安全対策の不備が指摘される状況では、再稼動反対運動が激化するのは無理もないだろうと思う。

 原発再稼動問題を作り出したのは、原子力の安全対策が不十分だったのを隠蔽し、放置して来た政府と電力会社に責任があるし、原発事故後に慌てて全ての原発を止めた臆病な態度が、原子力政策に対する信頼を失墜させる結果を招いたのは否定出来ない。

 原発再稼動問題は徹底した情報公開と万全な安全対策の普及が必要であり、原発をどこまで縮小や廃止に持ち込むのかに対しても具体的な指針が必要となるだろう。

 米国もロシアも事故後に原発を捨てたりはしなかったが、それでも原子力政策の変更を余儀なくされている。原発再稼動問題は今後の原子力政策を決める転換点となるに違いない。



                                   <NOBUAKI>