<巨大地震の数ヵ月後に起こる異常事件>

巨大地震の数ヵ月後に起こる異常事件


 同じ日付に2年連続して巨大地震が起こる原因が物理現象であるのを以前から書いて来たが、地震の数ヵ月後に異常な大事件が起こっているのを忘れてはならないだろう。地下鉄サリン事件、NHK不祥事事件、ユーロ危機が原因の金融危機、尖閣ビデオ事件、ウィキリークスによる国家機密暴露事件など、同じ日付に2回巨大地震が連続した数ヵ月後には、それまでの政治的な情報操作が暴かれる事件が続発している。

 東日本大震災によって防災対策の不備や原発安全神話の崩壊が起こっているが、政治的な情報操作が暴かれる事件が今後は発生するだろうと思われる。

 すでに東日本大震災から1ヶ月が過ぎようとしているが、今までは情報操作で隠されていた機密が暴露される大事件が、やがて起こるかもしれない。何が起こるかは予測出来ないので書かないが、我々が信じ込んでいた嘘が暴かれる大事件が起こるのは間違いないだろうと思う。

 今は、まだマスコミが隠し続けているのは間違いないが、事件が起こって情報操作が暴かれた後は態度が一変するに違いない。おそらく、情報操作で誰も信じないように長年に渡って隠し続けて来た真実なのだろうが、それが明らかになるだろうと思う。

 物理現象であるのが間違いなければ、これは時間の歪みが原因で起こっている現象なのだろうが、過去の事件を振り返ると政府とマスコミが関係しているものが圧倒的に多いように思う。政府とマスコミが長年に渡って隠して来た真実が明らかにされる日が来たのだろうか。

 巨大地震の数ヵ月後に政府やマスコミの情報操作が明らかになる不可解な物理現象に関しては、以前に書いたものがあるので参照していただきたい。

 →なぜ東日本大震災は起こったか



                                   <NOBUAKI>