<なぜ異変は続くのか>

なぜ異変は続くのか


 マイケル・ジャクソンとファラ・フォーセットが相次いで亡くなり、世界を賑わせているが、なぜか解せない気持ちがするのは、過去に同じ日付の巨大地震が繰り返した時期と全く同じ事が繰り返されているように思うからである。ロナルド・レーガン元大統領がアルツハイマー病にかかり、スーパーマン俳優のクリストファー・リーブが首の骨を折った頃にも日付が同じ巨大地震が起こっていたし、両者が相次いで亡くなった頃にも同じ日付の巨大地震が起こっていたのである。

 1994~1995年、2003~2004年には同じ日付の巨大地震が繰り返し、米国と日本で有名人が不治の病にかかったり、死亡しているが、2009~2010年にも同じ現象が繰り返すのだろうか。

 2009年の今年はイラク戦争開戦日と同じ3月20日にトンガ近海でM7の巨大地震が起こっている。来年も同じ3月20日に世界のどこかでM7より大きな巨大地震が起こるのだとしたら、過去に二度繰り返した同じ日付の巨大地震が繰り返した時と同じなのである。

 もちろん、有名人が死亡するのは珍しい事ではない。毎年、亡くなっている有名人は数多くいる。しかし、日付が同じ巨大地震が連続する年に死亡する有名人は世界に与える影響が大きい人が多いように思うのである。

 もう一度、過去を振り返ってみよう。1994~1995年と言えば、ゴア副大統領の情報スーパーハイウエイ構想とITバブルで情報革命が急展開していた頃である。この時期に、なぜか、レーガン元大統領やスーパーマン俳優のクリストファー・リーブが病気やケガで倒れている。日本でも有名俳優や声優が相次いで死亡し、地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教が疑われたりしている。

 2003~2004年にも同じ現象が起こっている。同じ日付の巨大地震が連続し、2004年にはレーガン元大統領もクリストファー・リーブも相次いで死亡しているのである。

 同じ事が2009~2010年にも繰り返されるのだろうか。今、起こっている有名人の死亡ニュースは、この現象の影響なのだろうか。

 単なる偶然だと言うのは簡単である。しかし、世界に知られている有名人が同じ日付の巨大地震が起こった年に合わせて死ぬものだろうか。来年の3月20日に巨大地震が起こった後、ブッシュ元大統領やキッシンジャー元国務長官、ラムズフェルド元国防長官、シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事、サッチャー元英国首相などの有名人が相次いで死亡したら、それでも偶然なのだろうか。

 何か変ではないだろうか。死神や呪いの類ではないだろうが、戦争の復讐のように思える。だが、テロという証拠もなく、全てが謎なのである。

 <追記>

 これを書いた後、2009年1月4日にニューギニア島地震が、2010年1月4日にソロモン諸島沖地震が発生し、同じ日付に連続する巨大地震であった。また、2003年3月20日に始まったイラク戦争、2005年3月20日の福岡西方沖地震、2009年3月20日にはトンガ近海での海底火山の噴火直後に巨大地震が続いた後、2010年3月20日は地震は起こらなかったが、現地時間で3月20日(日本時間では3月21日)アイスランドで氷河に埋まっていた火山が噴火を開始し、その後、噴火が活発化して大量の火山灰が大気中に飛散して航空網が混乱し、気候変動が始まるのではないかと危惧されている。



                                   <NOBUAKI>