<エンロンとライブドア>

エンロンとライブドア


 何年か前に米国で起こったエンロン事件とライブドア事件は酷似していると言われる。エンロンもライブドアもベンチャー企業であり、小さな会社から始まって、株の水増しで利益を上げて、様々な会社を買収して巨大化し、ついには株取り引きの違法行為が発覚した後は、あっという間に崩壊。社長以下幹部社員は詐欺罪で逮捕、会社は売り飛ばされて、何も残らなかったというパターンまでそっくりである。結局、最大の被害者は株主であり、株主を手玉にした詐欺事件だったと言えるだろう。

 エンロンが総合エネルギー企業から始まった情報企業だったのに対して、ライブドアが最初から情報企業だったところが時代を反映しているが、手口は全く同じであり、おそらく、ライブドアがエンロンのやり方をそっくりそのまま真似したのではないかと思われる。

 やり方は良く知られた方法である。まず、株の購入資金を使ってある程度の株を購入する。次にその株を担保にして、10倍の資金を借り、それを使って株を購入する。この段階で、すでに10倍の水増しになっているわけだが、これにより、株取り引きの利益も10倍になる。後は、多額の株取り引きの結果が自社株のマイナスになっていることがばれないように、関連企業を作って株の飛ばしをやり、本社だけは黒字経営のようにみせかけるという粉飾決算を続けるというわけである。関連企業と書いたが、実態は書類だけのペーパーカンパニーだった例が多い。また、株の含み損を隠す為の粉飾決算もなかなか見抜けないのが実情であったと言われる。米国では、エンロン事件以後は、監視が厳しくなったが、日本は今後どうなるのだろうか。

 こういう借金を担保にした借金という手口が使えるところに、投機というマネーゲームのおかしな部分がある。銀行から金を借りても自由に使えない会社が多いというのに、投機に関しては規制がゆるい。当然、まじめに経営するよりも、マネーゲームをやって荒稼ぎしようという考えの会社が出て来るのは、むしろ当たり前かもしれない。まして、情報を集めて商売している情報産業は株の情報も多くを知っているわけだから、マネーゲームに走る会社も多いわけである。マネーゲームをおこなった資金で優良企業を次々と買収した方が、手っ取り早く会社を大きく出来るということだろうか。

 株というと、予測が難しいことで有名だが、最近では高度な物理理論を使った予測ソフトが株取り引きをおこなっている企業の間に出回っていて、良く当たるのだそうである。ただ、一般の人が手に入れるのは難しいだろう。なぜならば、誰でも株の動向が当てられるようになったら、株の乱高下がひどくなり、株の売買に支障が出るからである。情報企業が株価をコントロール出来るのは、資金力の他に、こうしたノウハウを持っているからだと考えられるが、とにかく、マネーゲームをやっている側から見れば、面白くてたまらないものらしい。もっとも、それは株取引というビジネスの楽しさではなく、投機というギャンブルの楽しさだろうが。

 米国ではエンロン事件の後、同じような手口で不正をおこなっていた会社が100以上も摘発されている。日本はライブドアだけしか摘発されていないが、これから100近い数が摘発されるはずである。ライブドアだけしかやらなかったということは考えられない。また、なぜ、ライブドアが不正をやっていたことが今までばれなかったかというのもおかしい。今後、ライブドアと政治家との関係が暴かれていけば、マネーゲームの本質について詳しくわかって来ると思われる。



                                   <NOBUAKI>