テーマ:犯罪

<短大生バラバラ殺人事件の報道>

短大生バラバラ殺人事件の報道  宮崎勤が起こした連続幼児殺害事件報道以来、この種の猟奇殺人に関しては精神分析学をテーマにしたセンセーショナルで過剰な報道が目立つが、今度の事件もまた同じらしい。別の夫婦間でも死体損壊事件が連続して起こったこともあって、なぜ死体損壊が起こるのかがテーマになっているようだが、犯人に対するヤボな精神分析論より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<飲酒運転追放キャンペーンは有効か>

飲酒運転追放キャンペーンは有効か  酒気帯び運転が原因で大事故が起こり、悲惨な被害者の実態が報道されるたびに、飲酒運転追放運動が何度も繰返されて来たが、現在もなお、それが大きな効果をあげて酒気帯び運転が無くなったという状況には至っていない。この原因はどこにあるのだろうか。  農業文明が存在する地域には、どこでも必ず酒が作られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<心理的ストレスへの損害賠償>

心理的ストレスへの損害賠償  被害者に心理的ストレスを与える犯罪が急増している。これはインターネットだけではなく、電話による犯罪が多いが、こうした犯罪被害者に対しての損害賠償はほとんど考慮されていないのが裁判制度の現状である。米国の場合は、こうしたストレスを与える犯罪に対しては最高裁判決で多額の補償が認められるケースがあるが、日本では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<最近の犯罪報道について>

最近の犯罪報道について  子供が被害を受ける犯罪事件が急増しているが、その背景にある深刻な社会問題にマスコミはあまり触れようとしないのは、なぜなのだろうか。単に少子化やストレス社会だけが原因ではない。雇用環境が深刻な影を落としている。  まじめな看護士が小さな女の子を病院から連れ出して、最後は重症を負わせた事件が報道されたが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<裏金作りは何の為か>

裏金作りは何の為か  岐阜県の公金不正横領による裏金事件は現在の社会情勢では驚くに値しないかもしれない。どこでもやっていることだと言う人もいるだろう。しかし、この事件が情報公開法制定によって暴かれ、また、その犯罪抑止効果が明らかになったのは大きい。  裏金事件と言えば、警察庁幹部が部下にカラ出張や不正請求を無理強いして、それを上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<情報犯罪を放置する国>

情報犯罪を放置する国  産業社会が始まった頃、当時の旧体制だった王国や帝国は次々と革命によって崩壊を始め、自由主義が広がることとなった。だが、こうした封建主義体制が崩壊していった原因の多くは産業社会に適応出来なかった法律の不備にある。現在の情報社会もまた情報社会に適さない法律を温存している国々にとっては、崩壊の危機を招きかねない状況に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<プライバシーはどこまで守れるのか>

プライバシーはどこまで守れるのか  どんなに個人情報を堅く守っている人でも、自分の体の一部である細胞中のDNAを一つも落とさずに生活することは出来ない。もし、DNA情報を短い時間で解読する技術が完成されたら、プライバシーはどうなるのだろうか。  昔のテレビ番組で放送されていたスパイアクションドラマやアニメなどで、しばしば使われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<エンロンとライブドア>

エンロンとライブドア  何年か前に米国で起こったエンロン事件とライブドア事件は酷似していると言われる。エンロンもライブドアもベンチャー企業であり、小さな会社から始まって、株の水増しで利益を上げて、様々な会社を買収して巨大化し、ついには株取り引きの違法行為が発覚した後は、あっという間に崩壊。社長以下幹部社員は詐欺罪で逮捕、会社は売り飛ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<軍事機密と国際政治>

軍事機密と国際政治  軍事機密と言うと生活に直接関係無いものだと考えている人が多いと思うが、決してそんなことはないのである。例えば、我々が日頃使っているマイクロコンピュータや通信技術の多くは40年ぐらい前までは軍事機密だったものが多いのである。  また、我々が学校で教えられた科学理論の中には軍事機密に抵触するので当時は内容が作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<死刑は何の為にあるのか>

死刑は何の為にあるのか  人が人を殺すというのは、有史以前から起こって来たことであり、その理由はさまざまだが、殺害する以外に方法が無かった例も少なくない。  例えば、数万年前の人類の遺跡から、明らかに殺害された形跡のある人類の化石が出て来たことがあるそうである。調べてみると、殺害されたのは集落のリーダーと思われる屈強な体型の人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<誰が死ぬと国民は助かるのか>

誰が死ぬと国民は助かるのか  昔から言われていることだが、「一人の犯罪者が死ぬと最低でも10人の被害者が助かる。」という。つまり、犯罪者が1人いるだけで10人以上の人が、その犯罪者の活動によって被害を受け、死に追いやられているということなのである。  さらに、「一人のスパイが死ぬと100人の人が助かる。」とも言われている。これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<迷惑メールと掲示板荒らし>

迷惑メールと掲示板荒らし  世の中には人を困らせて得をした気分になっている人がいるものである。人が嫌がる内容のメールを送ったり、掲示板に人を愚弄する内容を書き込んだり、コンピュータウイルスを添付したメールを送りつけたり、様々な迷惑行為をやっている人達がいる。  しかも、こうした行為が仕事になっている会社まであって、他者から依頼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<NHKが破局に向かっている理由は何か>

NHKが破局に向かっている理由は何か  いまだに記憶に新しい事件がある。それは忘れもしない。1990年に放送されたイスラエル秘密捜査事件を審議した国会中継のビデオであった。これほど視聴者を馬鹿にし、この事件の被害者を愚弄した番組は他になかっただろう。  この国会中継は最初から異常だった。まず、ビデオの再生が途中からおかしくなる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<テロと遠隔制御兵器>

テロと遠隔制御兵器  テロのことを大げさにマスコミが騒いでいるが、テロというのは本来、政治目的でおこなわれるのが普通である。従って、緻密に計算された政治的影響力を予測した上で実行に移されるものであり、ただ単に大勢人を殺せば良いというものではなく、十分に政治的・経済的な打撃を分析しておこなわれるものである。よって、国民全てを殺害するのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<情報社会と社会的性格>

情報社会と社会的性格  最近はBSE(狂牛病)とか、幼児殺人とか、ネット犯罪とか、一見して無関係に見える事件が多いが、実はこれらは密接に関連して起こっていることをご存知だろうか。  それを説明する前に、まず、農業社会から情報社会へ至る、我々人類の社会的性格の傾向を眺めて見ようと思う。まず、農業社会からである。農業社会は土地を耕作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<イスラエル秘密捜査事件の真相>

イスラエル秘密捜査事件の真相 「米国は40年以上前から世界支配への謀略計画を進めていた」 [第一章]それはスターリン時代のソビエトで発明された悪魔の薬だった 私達は日常生活を続ける上で何を判断基準にして行動しているだろうか。おそらく、その多くは学校教育や新聞、テレビなどで得ている情報によるものが主流だろう。だが、感情的なものになると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more