テーマ:インターネット

<プライバシーはどこまで守れるのか>

プライバシーはどこまで守れるのか  どんなに個人情報を堅く守っている人でも、自分の体の一部である細胞中のDNAを一つも落とさずに生活することは出来ない。もし、DNA情報を短い時間で解読する技術が完成されたら、プライバシーはどうなるのだろうか。  昔のテレビ番組で放送されていたスパイアクションドラマやアニメなどで、しばしば使われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<テレビ離れ世代>

テレビ離れ世代  以前は本の虫とか、テレビっ子とか、出版や放送によって流される情報に夢中になっている人達をこう呼んでいたが、現在は、それが明らかに衰退を始めており、インターネットやゲーム、携帯などに熱中する人が多くなっている。  米国ではかなり以前から、こうした傾向が強まり、今ではインターネットが情報交換の主流になってしまって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<投稿雑誌とブログ>

投稿雑誌とブログ  もうずいぶん昔の話になるが、投稿雑誌という本があった。これは読者の投稿を掲載することで成り立つ出版物で、読者がテーマを決めて、それに対する意見や批評などを葉書きに書いて送ると掲載されることがあるというものであった。葉書きにイラストを描いて送ると、それも掲載されるという具合である。つまり、葉書きを使った情報ネットワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<情報社会が進める自閉的な生活環境>

情報社会が進める自閉的な生活環境  情報革命が始まってから、我々の生活は明らかに自閉的な方向に向かっている。つまり、外に出ないで家に閉じこもって生活が出来る環境整備が急速に進んだということである。  例えば、昔だったら、娯楽は外出しなければならないことが多かった。映画を観たければ映画館に行かなければならないし、テレビゲームをした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<迷惑メールと掲示板荒らし>

迷惑メールと掲示板荒らし  世の中には人を困らせて得をした気分になっている人がいるものである。人が嫌がる内容のメールを送ったり、掲示板に人を愚弄する内容を書き込んだり、コンピュータウイルスを添付したメールを送りつけたり、様々な迷惑行為をやっている人達がいる。  しかも、こうした行為が仕事になっている会社まであって、他者から依頼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<デマと真実>

デマと真実  大きな事件が起こると、その真相を隠そうとして多くのデマが流されるものである。最近、立て続けに起こっている事件は特にその傾向が強い。  ライブドア事件は徐々に解明されて来ているが、実態は5年前に米国で起こったエンロン事件と同じようだ。関連企業を多数作って、株の飛ばしを繰り返し、本社だけは黒字の優良企業のように見せかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<戦争はどう変わっていくか>

戦争はどう変わっていくか  イラクの戦況などを見ていると、現代の戦争の現実がわかるが、過去の戦争も現代の戦争も本質的な部分では何も変わりがない。政府が主張する大義名分は絶対に信じてはならないということと、殺されるのは圧倒的に一般市民であり、軍人の死亡率は市民に比べれば遥かに低いということである。そして、死ぬよりも、負傷したり、病気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<情報社会で孤立するマスコミ>

情報社会で孤立するマスコミ  テレビを見てからインターネットにアクセスすると、テレビ放送というものが、狭い視点でしか放送されていないことに気がついている人は多いと思う。実の話、テレビ放送ばかり見ていた頃は、テレビの視点でしか物事を見ていなかったわけで、その矛盾に気がつくことも少なかったに違いない。  テレビで放送されるインターネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<情報社会と社会的性格>

情報社会と社会的性格  最近はBSE(狂牛病)とか、幼児殺人とか、ネット犯罪とか、一見して無関係に見える事件が多いが、実はこれらは密接に関連して起こっていることをご存知だろうか。  それを説明する前に、まず、農業社会から情報社会へ至る、我々人類の社会的性格の傾向を眺めて見ようと思う。まず、農業社会からである。農業社会は土地を耕作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<インターネットテレビは放送を変えるか>

インターネットテレビは放送を変えるか  デジタル地上波放送が今年の春から全国展開に進み、その準備に予算がかかり過ぎたのか、年始番組はつまらない番組が多かったという結果に終わった。一方ではインターネットテレビの動きも活発になり始め、どちらが首位を取るかで放送の未来が変わろうとしている。こうした動きは成功に終わるのだろうか。  電波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more