<新型コロナ感染爆発と最悪の政策>

新型コロナ感染爆発と最悪の政策


 いったいどうなっているのだろうか。変異ウイルスによる感染爆発が深刻化し、ワクチン接種が始まりつつある緊迫した情勢の中で、内輪揉めしているのは日本だけではないだろうか。

 今年に入って急速に新型コロナウイルス感染の死者数が増えつつある。すでに5000人を超え、このまま幾何級数的に増え続けるのであれば1万人を超える可能性も出て来る。緊急事態宣言を発令し、感染を抑制しなければならない状況下で、外出自粛を呼び掛けながら、定額給付金などの補償はおこなわないなど、政策の理不尽さに対して国民の不満が高まりつつあるようである。

 感染拡大は大きくならず、死者数の増大も予測内で収まり、ワクチン接種が間に合って、全てうまく行くのだと、誰かが未来の事を政府に教えているのではないかと思えるほど、政府は破綻と紙一重の政策を始めている。死者数の増加から考えて、うまく行くとは思えないのだが、最悪の選択にならないのだろうか。

 確かに日本国内の死者数は200万人を超えた世界全体の死者数と比較すると異常なほど少ない。このまま放置しても欧米のような死者数に達する事は無いのかもしれない。しかし、マスクや外出自粛などのコロナ対策を万全におこなった結果の死者数であって、何もしなかった結果の死者数とは違う。変異種が感染拡大しつつある中で、どこまで抑制が効くのかはわからない状況である。

 こういう状況下で、金は出さずに自粛を徹底させるという、政府の政策に従う国民がどのくらいいるのだろうか。不満を爆発させる声がインターネット上で飛び交っているのが真実のようである。

 少なくとも、現在の状況は欧米と比較する限り、最悪の状況では無いが、徐々に悪化しているのは否めない。抗体ワクチンの効果に過大な期待を持ち過ぎているようにも思える。数年後に新型コロナ感染爆発が過ぎた後になっても経済が回復しない可能性もある。スペイン風邪の後に起こったような世界恐慌と世界大戦を繰り返さないとは誰も言えないのである。

 なぜ、疫病があるのだろうか。人類の進化と関係があるとか、文明の発展と関係があるとか、様々な学説があるが、スペイン風邪がロシア革命、ファシズム、世界恐慌、世界大戦に繋がったのは否定出来ない歴史である。歴史は繰り返すのだろうか。今の状況を見る限り、被害を減らす以上の事は出来ないように思える。



                                   <NOBUAKI>