<北海道でM6.7の巨大地震>

北海道でM6.7の巨大地震


 6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7、震源の深さは37kmの地震が発生し、各地で震度6強が観測され、2人死亡、30人が安否不明、5人が心肺停止になっている。道内のほぼ全域の295万戸が停電、JRや札幌市営地下鉄なども全面ストップしているようだ。









 →2人死亡、30人安否不明 5人心肺停止か 北海道地震
 →札幌は都市機能まひ、渋滞にクラクション 北海道地震
 →厚真町は震度7 北海道内で史上初の観測 気象庁
 →需給バランス崩壊、発電所停止の連鎖 初の道内全域停電
 →北海道の全域停電「完全復旧まで1週間以上」 経産相
 →厚真町の震度は7 国内観測史上6回目
 →泊原発 外部電源は全面復旧
 →北電「全面復旧に1週間以上」計画停電も


 →北海道胆振東部地震

 オウム死刑囚の死刑執行がおこなわれた7月6日から、ちょうど2か月目の9月6日の巨大地震だが、犠牲者がどのくらいまで増えるのかはわからない状況である。北海道全域で停電が起こっており、復旧には1週間以上かかるようだ。鉄道も全面運休が続いている。

 北海道では電力の分散発電が十分ではなく、1箇所の停電が全ての発電施設の停電に繋がるようで、復旧には時間がかかるようである。電力網構築の脆弱性が露呈した形である。

 山崩れ、液状化などにより、道路の寸断、住宅の倒壊が起こっているようだが、被害の全貌がわかるには時間がかかるようだ。



                                   <NOBUAKI>