<原発攻撃は防げるか>

原発攻撃は防げるか


 原発へのミサイル攻撃という古くて新しい問題が討議されているようだが、現実問題として考えた場合、防御出来る可能性はほとんど無いだろう。

 →田中氏、北朝鮮ミサイルで失言

 科学雑誌で原発への核ミサイル攻撃を想定してシミュレーション計算した論文を読んだ事があるが、原発は核爆発に耐えられないので、炉心が粉々に吹き飛んで半径80km圏内は絶対致死量の放射能が降り注ぐのだそうである。

 原発への直接核攻撃ではなくても、高度100kmの宇宙空間で非対称性核爆発が起こった場合には、半径数百kmに渡って電磁パルスシャワーが降り注いで大停電が起こり、復旧に何年も時間がかかるので、その間に原発の冷却能力が失われて暴走爆発事故を起こす結果になる。

 巡航ミサイルによる攻撃でも特殊強化コンクリート製の要塞を吹き飛ばすほどの破壊力がある為に、コンクリートの厚さが1~2mしかない原発が巡航ミサイルの攻撃で吹き飛ぶのは想像に難くない。

 原発攻撃は難しい問題では無いようで、中国の首相が「日本海に巡洋艦を一隻浮かべる事が出来れば、日本海沿岸の全ての原発を巡航ミサイルで破壊出来る。」と豪語するほどである。

 対空機関砲や対空ミサイルで守られていない原発はミサイル攻撃に対して無防備であり、核攻撃から守る方法は一つも無いのが正解であるようだ。

 もっとも、原発をミサイル攻撃する国があるのかとなると、戦争以外には考えられないのが真実だろう。米国やロシアでも原発をミサイル攻撃した例が無いので、仮想攻撃の範囲を抜け出せない問題である。



                                   <NOBUAKI>