<サブリミナルとは何か>

サブリミナルとは何か


 広義の意味ではテレビに映し出される映像は全てサブリミナルだと言われる。サブリミナルとは何だろうか。

 →サブリミナル効果

 顔形が違っていても、印象が同じ人がいる。そういう人がテレビに出演していると、視聴者には同じ印象を与える有名人と同じに感じられる。こういう具合に、違っているのに印象が同じものは全てがサブリミナルと考える事が出来る。

 テレビ番組はサブリミナル無しには成り立たないと言っても良い。テレビに映し出される映像はサブリミナルを考慮しないで放送される事は無いと考えて差し支えないほどである。

 サブリミナルを最も多用しているのはアニメ番組である。アニメ番組で描かれている絵は何らかの実像に印象を似せたサブリミナルであり、必要な印象だけ集めて描かれているものが多い。

 たとえば、アニメで女性キャラクターが出ていても、実際には様々なサブリミナルが加えられていて、印象が歪められている場合がほとんどである。例を挙げると、輪郭線をヌードのように描き、それ以外を色で塗り潰して衣服を着ているように見せ掛けたり、眼を大きくして顔を子供のように描いたり、プロポーションを誇張して描いたり、サブリミナルで組み立てられているのがアニメだと言っても過言ではない。

 わからない程度にキャラクターの顔を動物に似せて描いたり、同じく、男性キャラクターをわからない程度に女性に似せて描くなど、サブリミナルを指摘したらキリが無いほど使われているのがアニメである。

 こういうサブリミナルが使われるのは、美人の女性、可愛い子供、動物にしか視聴者の関心が向かないのをテレビ局が知っているからであり、どの番組でも、美人の女性、子供、動物のどれかが必ず出ているのは、視聴率が下がらないようにする為のものである。

 そういう意味では視聴者がテレビ番組を見ていて気がつかないものは全てサブリミナルなわけで、一瞬のフラッシュで挿入される画像だけがサブリミナルだと信じ込んでいる人はテレビ局の情報操作に騙されていると言って良い。

 視聴者がテレビ番組を見ているつもりでも、気がつかないでいる映像が多いのがテレビ番組である。番組内容とは全く違う印象を与えるサブリミナルが使われる例もある。アニメが不愉快に感じたり、意味がわからない映像が出る事があるのはサブリミナルの浸透しか考えていないからである。

 アニメ番組で出る映像で、実生活で見ると恥ずかしく感じたり、不愉快に感じる事があるのは、アニメのサブリミナルに騙されていると言っても良いだろう。繰り返しが多い映像、繰り返しが多い台詞ほど、視聴者が実生活では嫌がるように作られているのがアニメである。

 全てのサブリミナルを問題にしなければテレビの弊害を議論出来ないわけだが、実際にはテレビ局の都合が悪い問題は全て隠蔽されて、番組では議論されないのが実情である。サブリミナルを知らなければテレビはわからないと言っても良いだろう。

 サブリミナルを知れば知るほど、テレビ番組やCMが本当は何を宣伝しているかがわかるようになると言われる。テレビ依存症やパーソナリティー障害などの病気の原因にサブリミナルが含まれているのは間違いないのである。



                                   <NOBUAKI>