<マインドコントロールとは何か(2)>

マインドコントロールとは何か(2)


 以前にマインドコントロールに関して書いたことがあるが、イスラエル秘密捜査事件の被害者の証言を元に、さらに詳しく解説してみようと思う。

 →マインドコントロールとは何か

 幼稚園児に洗脳目的の薬物を注射して強い暗示をかけて政治利用を謀るカルト宗教団体(実態は米軍の情報機関)が引き起こした事件に関して書いて来たが、被害者が小学生時代に体験した記憶に興味深いものがあるので、書いて置くことにしよう。

 洗脳に使われた薬物効果に関して、事件を起こした組織の人間が被害者に洗脳効果のパンフレットを見せたことがあるという。その外国製のパンフレットには洗脳効果に関して写真付きで詳しく記載されていたようである。

 被害者の洗脳が解けるような重要な事実は一切記載されていなかったが、洗脳効果を利用して出来る事が詳しく説明されたものだったようで、以下のような内容である。

 被害者の証言によると、洗脳効果のパンフレットはA4~B4サイズぐらい。200ページ程度の厚さで、カラー写真が多数掲載され、英文で書かれた米国の広告雑誌のようなものだったという。洗脳によって得られる効果を詳しく解説した本で、裸の女性の写真が含まれる成人向けのもので、洗脳効果を強める為に身体に取り付ける特殊な小道具のセールスなどが含まれる商品宣伝誌のような本だったという。

 このパンフレットの話を聞いてわかったのは、米国がバーチャルウェポン(仮想兵器)とでも呼ぶべき技術開発に半世紀以上前に成功していた事実だろう。バーチャルウェポン(仮想兵器)とは、実際には武器となる物が何もない状態でも、武器や道具を使っておこなったのと同じ効果を洗脳された被験者に与える事が出来る技術を意味するものである。

 洗脳された被害者が男性の場合、女性化する命令を与えれば、上半身を女性化させる事が出来るようだ。乳房が女性のように肥大した男性の写真が掲載されていたようである。もっとも、同じ事はある種の向精神薬を長期間服用しても起こせるので、目新しいものではない。

 バーチャルウェポン(仮想兵器)として使われるプラスチックやゴム製の器具に関しても写真付きで解説されていたようである。実際、玩具の拳銃を本物だと信じ込ませたり、逆に本物の拳銃を玩具だと信じ込ませる事が出来るようである。

 洗脳された外国人の女性が乱交している写真も掲載されていたようだが、子供だからという理由で見せようとしなかったそうである。このパンフレットで解説された内容の全てが真実だとは言えないが、ある程度の効果があるのは否定出来ない。もっとも、男性は長期間効果が持続するが、女性は短期間で解けて効果が無くなるようである。

 オウム真理教が手に入れようとした洗脳技術は、おそらく、これだと思われるが、洗脳技術の熟練者がおこなわないと被害者が死亡する危険がある技術であり、イスラエル秘密捜査事件の被害者にも、洗脳薬を注射された後で嘔吐して倒れた者がおり、副作用が酷かったようである。

 バーチャルウェポン(仮想兵器)は外見が玩具のような形状をしているが、洗脳された被験者には本物の銃のような効果をもたらす。バーチャルウェポンで撃たれると、本物の拳銃で撃たれた時のような心理効果を与える事が出来るからである。同じように、玩具のような器具を使って様々な心理効果を与える事が出来るようだ。

 米国が洗脳技術とバーチャルウェポン(仮想兵器)という武器技術の開発をおこなっていた事実は知って置いた方が良いだろう。一度、洗脳されてしまうと、玩具の銃で撃たれても死亡したり、重体に陥る危険があるわけであり、バーチャルウェポン(仮想兵器)が無くても、指差すだけで様々な症状を起こさせる事が出来る技術である。

 バーチャルウェポン(仮想兵器)は、これだけではない。テレビなどのマスメディアもまた、洗脳されている被害者に、視覚効果によって潜在意識に洗脳効果を与える重要な宣伝媒体である。性表現が多い番組、特にアニメなどのCMで使われる例が多いようである。

 性表現と言うと、娯楽と考える人が多いだろうが、脳の本能に与える影響が大きいので、洗脳によって脳を操る上では重要な意味を持つ要素である。性表現を加えたサブリミナルで被害者に命令を伝えたり、疑似的に精神病の症状を引き起こすなど、洗脳効果を活性化させていたと考えられる。

 当時、被害者の1人が洗脳による命令に従って新聞社に投稿した時期を調べてみると、当時放送されていた性表現が多かったアニメの放送期間と不思議なほど一致する。アニメ番組で性表現が含まれるシーンに、命令を与えるサブリミナルが含まれていたと考えられるのである。

 すでに半世紀前から、こういう洗脳技術が実在するにも関わらず、政府とマスコミが隠し続けている事実は知って置くべきだろう。



                                   <NOBUAKI>