<マレーシア航空機行方不明事件>

マレーシア航空機行方不明事件


 謎が謎を呼び、憶測が憶測を呼ぶ事件に発展しているのが、マレーシア航空機の行方不明事件だろう。事故で墜落したのか、それともハイジャックされたのか、証拠不明のまま事故機の捜索が続いている。

 →タイ衛星が300の浮遊物捉える、マレーシア不明機の残骸か
 →マレーシア航空MH370便、失踪の謎
 →マレーシア機失踪、捜索海域は地球で最も過酷な場所
 →マレーシア機不明:首相…あらゆる可能性、故意に装置切断
 →不明機、故意に進路変更か マレーシア機消息絶ち1週間
 →不明マレーシア機:ハイジャックか…AP報道
 →「何者かが飛行進路変更の可能性」 マレーシア首相会見
 →不明マレーシア機、急激な高度変更か 軍レーダー情報
 →インド洋に拡大 マレーシア機の捜索 米ホワイトハウス
 →4時間飛行は「不正確」 マレーシア当局が米紙報道否定
 →マレーシア機、消息不明後も4時間飛行か 米紙報道
 →マレーシア、中国衛星写真は「誤り」 不明機捜索で混乱続く
 →不明機、交信途絶後も4時間飛行か マレーシアは否定

 →マレーシア航空370便墜落事故

 専門筋の情報が公開され始めたようだが、マレーシア政府が隠しているのかどうかはわからないが、不明になった機体は交信途絶後も4時間は飛行を続けていたという。不明機はマレー半島の反対側の海まで飛行したという予測もあるようだ。しかし、過去にも墜落した機体が数時間飛行していたという誤った情報が流れた例があるので、あまり信用出来ないのも事実である。

 マレーシア政府は否定しているが、墜落事故だと考えると、すでに流失した航空燃料、機体のドア、救命ボートなどが、航空機や衛星写真によって海面上で発見されている可能性がある。中国が公開した3つの輪が重なったような衛星写真は、3基の救命ボートが連結して浮遊している様子に似ているのである。

 何が発見されても、何も発見されていないという報道を繰り返すマレーシア政府の対応は、下手をすると中国への戦争挑発と受け取られかねず、過去にも救助活動を遅らせて地域紛争の激化を招いた事件が無かったわけではなく、懸念される事態だと思う。

 この地域で中国との大規模戦争を望んでいる勢力が存在するのかもしれない。



                                   <NOBUAKI>