<NHK特集「汚染水」を見て>

NHK特集「汚染水」を見て


 福島第一原発事故後の放射能汚染水漏れを取材したドキュメンタリー番組だが、原子炉の圧力容器からメルトダウンした炉心から直接放射性物質が漏れ出しているのか、炉心の核燃料はどういう状態なのかなど、事故の真相には触れていない。

 誰もが関心を持つのは、汚染水問題よりも、メルトダウンで脱落した炉心の核燃料が、現在、どういう状態なのかだろう。格納容器を突き抜けて地下に潜り込むメルトアウト状態なのか、今も核反応が続いているのかなど、未公開情報が多いからである。

 炉心の核反応が続いている状態で地下水の流れを止めたら、停滞した地下水の水温が上昇し、最後は沸騰状態になって、放射能を帯びた水蒸気が地上に噴出して来る可能性がある。しかし、地下水の流入を止めなければ、放射能汚染水が海に流失し、深刻な海洋汚染へと繋がる。

 現在も原子炉冷却水の流入は継続しており、炉心は冷却状態だが、その放射能汚染水が地下水となって流失しており、それを止める為に原発の地下水を凍土壁で囲い込む方策が講じられているが、1年もの時間を必要とするようだ。

 今後は、放射性物質の地下水への浸透が進んで、高レベル放射性物質が海に流失する結果になるようだが、凍土壁で防止したとしても、半永久的に保存出来るわけではないだろう。汚染水を回収して保管している夥しい数の備蓄タンクの容量にも限界があるはずである。

 効果が薄い対策に莫大な予算を浪費しているようにしか見えない汚染水問題だが、このまま高レベル放射性物質が流失して、海洋汚染が深刻化し、放射能汚染を止めようが無くなるのだろうか。

 抜本的な対策はメルトダウンした炉心の回収なのだが、核反応が止まっていなければ、3000℃の高温で燃え続ける核燃料を回収する方法があるのだろうか。核反応が止まっていたとしても、絶対致死量の放射線を撒き散らす放射性物質の塊を原発建屋の地下から回収しなければならない。

 炉心を回収する為の作業用ロボットの開発が進んでいるようだが、果たして抜本的な対策が実施出来るのだろうか。



                                   <NOBUAKI>