<2012年に起こる出来事を予測する>

2012年に起こる出来事を予測する


 マヤの暦騒動で有名になった2012年だが、果たして、大事件が起こるのだろうか。それとも平凡な年で終わるのだろうか。

 気になるのは、2011年(平成23年)7月7日にニュージーランドのケルマデック諸島付近でM7.8の地震が発生し、波高1メートルほどの津波が観測されていることだろう。7月7日と言えば、2005年7月7日に56人が死亡したロンドン同時爆破事件が発生しているが、2012年も同じ日付に巨大地震が起こるのだろうか。

 →ニュージーランド北東部沖でM7.8の地震、津波警報は解除
 →ロンドン同時爆破事件

 2001年(平成13年)9月18日にはアメリカ炭疽菌事件が起こっているが、2011年(平成23年)9月18日にヒマラヤで起こったM6.9の地震も大規模テロと同じ日付に起こっている。これも2012年の同じ日付に犠牲者が多い巨大地震の発生を意味する連続地震なのだろうか。

 →アメリカ炭疽菌事件

 大規模戦争や大規模テロ事件と同じ日付にM7前後の巨大地震が起こり、その翌年の同じ日付に犠牲者が多い巨大地震が2年連続して起こる現象は、すでに3回も起こっており、最近では東日本大震災がスペイン列車爆破事件と同じ3月11日に起こっており、前年の2010年3月11日にもチリ地震の最大余震(M6.9)が起こっている。

 もちろん、1月4日、9月30日に2年連続して起こったM7の巨大地震のように多くの犠牲者を出すに至らなかった巨大地震もあるのだが、注意が必要なようである。

 もし、2012年(平成24年)7月7日や9月18日に世界のどこかで巨大地震が起こるのだとすれば、犠牲者が多い地震になるかもしれない。場所まではわからないが、こういう現象が起こるのを政府とマスコミが隠していて、一切報道しようとしないのは米国の軍事機密に属するのが理由かもしれない。

 それにしても、マスコミ報道と現実との違いが今ほど大きくなった時代はないだろう。マスコミは地震も原発事故も予測不可能の一点張りである。ところが、インターネットから情報を集めてみると、どの年に犠牲者が大きな巨大地震が起こるかは周期性を見れば、ほぼ正確にわかる。地震が起こる日付も大事件が起こった日付に正確に揃っている。現実がわかっていないのは政府やマスコミの方ではないのだろうか。

 →時計仕掛けの巨大地震

 断言は出来ないが、物理法則の周期性が繰り返されて、2012年7月7日や9月18日に巨大地震が起こるのだとすれば、高層ビルの倒壊、津波、原発事故などが併発し、多くの犠牲者が出る可能性が考えられる。

 2009年以降、同じ日付に2年連続した巨大地震は1月4日、9月30日、3月11日、4月7日、4月11日、9月4日の6例があるが、2年後に金融危機が起こっている例が多い事から、2011~2013年にかけて金融危機が毎年連続する可能性が高く、2013年は大規模金融危機が再燃する公算が大きいようだ。2012年にも同じ日付に2年連続する犠牲者が多い巨大地震が起これば、2年後の2014年にも金融危機が繰り返される可能性が高い。

 物理現象は経済面に置いても日本を追い詰めているように思える。このまま金融危機の連鎖で国が経済破綻を起こすに至っても、まだ真実の隠蔽を続ける政府やマスコミが事態の解決を図れるだろうか。疑問に思うのである。

 この物理現象は大規模戦争、大規模テロなど、重大事件が起こった日付に繰り返す傾向がある。湾岸戦争(1月17日)、ソ連崩壊(12月26日)、スペイン列車爆破事件(3月11日)など、正確に一致しているのである。しかも、米国の戦略防衛構想(SDI)に政治利用された映画「スターウォーズ」が初公開された1977年から計算すると、17年後の17日、26年後の26日、33年後の3月などから、2年連続で繰り返す巨大地震が発生している。

 これから計算すると、2007年(16進数で7C7)と2023年(16進数で7D7)の間で対称に並ぶ年は、2010年、2011年と2019年、2020年となるが、2019年は映画「スターウォーズ」初公開年の1977年から数えて42年後なので、2月が巨大地震が2年連続する月であるのがわかる。

 そこで、2004年にスペイン列車爆破事件とスマトラ沖地震が起こったのと同様に、2011年の東日本大震災でも同じ現象が起こると考え、2011年の2月に起こった大事件を調べてみると、2011年2月11日に起こったエジプト革命が365人の死者が出ているので、断定は出来ないが、2月11~13日に2019年と2020年に2年連続して巨大地震が起こり、2020年2月の巨大地震では多くの犠牲者が出ると予測される。

 →エジプト革命 (2011年2月11日~13日)

 2008年の世界金融危機以降、1991年から1997年までに起こった大事件や自然現象などと酷似した事件が時間を逆向きにして起こり続けているのも事実である。東日本大震災が起こった2011年は2年連続して同じ日付に2度巨大地震が起こる例が4回も続いたが、時間の逆行も加速して起こっているように見える。これも物理現象の影響だろうか。

 2005年に、この物理現象が起こっているのがわかった頃から書いている事だが、このまま真実を隠して何もしないで放置すれば、物理現象を引き起こしている時間の余剰エネルギーが蓄積して、何もかもが追い詰められる結果を生み、最後は国の滅亡に繋がるだろう。

 そして、国が滅亡した後も物理現象が終わらず、何をやっても国が立て直せない状況が続く結果になるだろう。都合が悪い真実を隠して逃げまわるだけの無策無能な連中では解決不可能な問題なのである。

 福島第一原発事故が、巨大地震の周期性から予測されていた東日本大震災と連動して起こった時、このまま物理現象を放置すれば国は滅亡するという確信を得たように思える。それでも真実を隠して逃げ回り、効果が無い対策ばかりを提示する政府やマスコミを見て、危機感を感じない人がいるのだろうか。

 2011年は大災害や大事故だけではなく、ミュー(μ)ニュートリノが光速度よりも僅かに速いのが確認され、相対性理論が修正を迫られているが、時間旅行や時間通信が可能になる時代が始まる切っ掛けになるのだろうか。

 タイムパラドックスは起こらないと主張する人達がいるが、1991年の湾岸戦争以降続いている対称形に2年連続して並び、大事件の日付と完全に一致する巨大地震をどのように説明するのだろうか。全て偶然と説明して納得する人が何人いるだろうか。地球規模で起こる異常現象の連続を報道しないマスコミを信頼出来るのだろうか。どんなに屁理屈を捏ねてタイムパラドックスを否定しても、日付が揃う巨大地震による津波被害や原発事故を止める事は出来ないのである。

 以前にも、「23ページの謎」で24を黒く塗り潰し、23に書き換えたページの数字が、同じ日付に2年連続した巨大地震が起こる年数に一致する話を書いたが、書き換えた23が平成23年(2011年)を意味するのならば、東日本大震災と福島第一原発事故が起こるのを米国は半世紀前に知っていたのを意味する。

 →23ページの謎「予言する寓話」

 それでは、黒く塗り潰された24は平成24年(2012年)を意味するのだろうか。物理現象によって平成24年に起こる異変とは何なのだろうか。政府とマスコミが沈黙を続ける中で謎は深まるばかりである。

 最後に、私事になるが、今年は良い年であって欲しいと思う。



                                   <NOBUAKI>