<日付が気になる巨大地震>

日付が気になる巨大地震


 2011年(平成23年)7月7日にニュージーランドのケルマデック諸島付近でM7.8の地震が発生し、波高1メートルほどの津波が観測されている。7月7日と言えば、2005年7月7日に56人が死亡したロンドン同時テロ事件が発生しているが、2012年の来年も同じ日付に巨大地震が起こるのだろうか。

 →ニュージーランド北東部沖でM7.8の地震発生=米地質調査所 (ロイター)
 →ケルマデック諸島地震
 →ロンドン同時爆破事件

 大規模戦争や大規模テロ事件と同じ日付にM7前後の巨大地震が起こり、その翌年の同じ日付に犠牲者が多い巨大地震が2年連続して起こる現象は、すでに3回も起こっており、最近では東日本大震災がスペイン列車爆破事件と同じ3月11日に起こっており、前年の2010年3月11日にもチリ地震の最大余震(M6.9)が起こっている。

 もし、来年の2012年(平成24年)7月7日に世界のどこかで巨大地震が起こるのだとすれば、犠牲者が多い地震になるかもしれない。おそらく、震源はニュージーランドと日本を直線で結んだ線上に位置する地域だろうが、なぜ、こういう現象が起こるのかを政府とマスコミが隠していて、一切報道しようとしない。米国の軍事機密に属するものかもしれないが、原因不明のままである。

 最悪の場合は日本周辺で巨大地震が発生し、東日本大震災のような大災害になる可能性もある。巨大地震の副次作用として超高層ビルの連鎖倒壊や原発事故が起こる可能性もある。どれほど大きな地震になるのかも予測出来ない。

 戦争やテロのような大事件と同じ日付に2年連続して繰り返される巨大地震という、政府とマスコミが死に物狂いで隠している物理現象とは何だろうか。日本だけが、なぜ多くの犠牲者と被害を出さなければならないのだろうか。

 <追記>

 東海地震の発生頻度が高いと予測されるようになったが、地震予測理論そのものが疑わしいだけに、信用しない方が良いだろう。むしろ、他の地震が起こる可能性が高いと考えた方が良いかもしれない。

 2012年(平成24年)7月7日に巨大地震が起こると断定出来る根拠は無いのだが、過去に起こった同じ日付の連続地震から推測すると、ありえない話ではないようだ。

 もっとも、どこで起こるとか、規模はどのくらいになるとか、そういう話はしない方が良いようだ。犠牲者が多い巨大地震が起こる可能性があるとだけ書いて置く事にしよう。



                                   <NOBUAKI>