<管総理辞任表明>

管総理辞任表明


 延々と進まない東日本大震災の復興と福島第一原発の事故処理の責任を問われて辞任に追い込まれた管総理だが、今後の成り行きはどうなるのだろうか。





 →菅首相:「一定のめど」は「夏」…与野党、見方広がる
 →菅首相:早期退陣を否定…「うそ」与野党批判
 →「菅降ろし」激化の様相 早期辞任否定、広がる反発
 →不信任案否決:菅首相の姿勢 鳩山氏が「ペテン師まがい」
 →首相、いつ辞任? 時期には触れず、民主なお混乱か
 →菅首相、辞任の意向 「一定の役割果たせた段階で」
 →菅首相:辞任の意向表明 「震災対応後に」

 復興費用は40兆円を超えると言われる東日本大震災と、同じく6~20兆円と予測されている福島第一原発事故の後処理費用は大きな財政負担として圧し掛かり、財政再建と景気対策に予算を使いたい政府を苦境に追い込んでいる。後手後手にまわっている政策や秘密主義が批判されている管政権が続かなかったのは無理もないかもしれない。

 もっとも、大震災や原発事故が起こった後に金融危機が起こる例が多い。政権交代がおこなわれても、金融危機で破綻した経済を立て直す為に、アジア通貨危機の頃のような予算のバラマキが繰り返され、その費用を捻出する為に震災復興予算や原発事故対策費用の削減がおこなわれ、財源確保の為に消費税の大幅増税などの無茶苦茶な負担押し付けが強行されるような事態になるのは誰も望んでいないだろう。

 現在は政治的にも経済的にも微妙な時期に差し掛かっているのだと思う。今年は年末までマイナス成長が続くようだが、果たして景気の回復は可能なのだろうか。



                                   <NOBUAKI>