<米国がリビアへ軍事攻撃>

米国がリビアへ軍事攻撃


 米国東部時間19日午後5時(日本時間20日午前5時)に米英仏による多国籍軍がリビアに軍事攻撃を開始した。











 →リビア:米英軍も参戦 艦船からトマホーク110発猛射
 →「欧米は石油目当て」ベネズエラ大統領、リビア攻撃非難
 →カダフィ氏「地中海は戦場」 欧米への報復攻撃を示唆
 →英海軍の潜水艦もミサイル発射 リビア軍施設へ
 →リビア軍事施設に112発のミサイル攻撃 米国防総省
 →米大統領「リビアへの軍事行動開始」

 米国は日付合わせの戦争をしているのではないかと書いて来たが、どうやら真実のようである。米国東部時間で3月19日(日本時間20日)は、フォークランド紛争、イラク戦争と同じ日付であり、リビア攻撃も同じ日付に合わせたようだ。

 しかも、日本時間では平成23年3月20日であり、2332で左右対称に並ぶわけである。(イラク戦争は2003年3月20日で2332で左右対称に揃う。)日付合わせの戦争に間違いないようだ。

 さらには、過去に同じ日付に巨大地震が相次いで2回起こっているだけに、数年後の3月20日に2年連続して巨大地震が起こるのを知っていて戦争を起こしたとも考えられる。何から何まで計算尽くめなのだろうか。

 それにしても、湾岸戦争の時と同様だろうが、リビアに軍事介入すれば米国で同時多発テロが起こる危険が増すのは知っているはずだが、覚悟の上だろうか。

 今年は超巨大地震、多重原発事故、大規模戦争という3大事件が3月に集中して起こるという珍しい年になったようだが、何か別の原因が影響しているようにも感じられる。



                                   <NOBUAKI>