<海上保安庁職員逮捕と尖閣ビデオ報道>

海上保安庁職員逮捕と尖閣ビデオ報道


 中国漁船と巡視船との間で衝突事件が起こった時に、政府が証拠を隠し、その後はマスコミを使った情報操作によって事件の沈静化を謀ろうとしたのは言うまでもない。ところが、海上保安庁職員が尖閣衝突ビデオの一部をYouTubeに投稿して流失させてしまったので情報操作が難しくなり、職員の逮捕と機密漏洩罪による処罰によって政府の権威を守ろうという形になっているようだ。

 →神戸海保職員を逮捕へ 尖閣映像流出させた疑い

 本来ならば、マスコミが尖閣ビデオを報道して罪を被らなければならなかった事件だと思う。マスコミが尖閣ビデオの公開に応じようとしなかったのでネットカフェでYouTubeにビデオを投稿する形になったのではないだろうか。

 政府が機密保護を理由に真実を隠し、情報操作をおこなった例は数え切れないぐらいあるが、尖閣ビデオ流失事件はインターネットが情報公開の自由を守る砦になったのではないかと思う。

 確かに機密保護という観点から見れば、由々しき問題かもしれない。しかし、尖閣ビデオ流失後の中国の対応が急に沈静化したのを見る限り、中国国内でも情報操作がおこなわれていて、それが尖閣ビデオ流失によって破綻した結果の沈黙だったのではないかと思う。

 たかが密漁船の当て逃げ事件に過ぎない尖閣ビデオが公開されないまま事件が推移していたら、尖閣沖衝突事件の解釈を巡って日中間で相互不信が何年も続く結果になっただろうと思う。

 尖閣ビデオを機密扱いにしたのは政府の外交上の失政だったように思われる。最初からビデオを全て公開していれば、こういう結末を迎えなくても良かったのではないだろうか。

 日頃から外交の分野で事件が起こると、真実を機密扱いにして隠し続けている政府の外交政策の実態が明るみに出た事件だったのではないだろうか。中国だけではなく、米国やロシアなど、外交関係にある多くの国々との間で起こった事件のほとんどが、政治上都合が悪い情報を隠蔽し、国内と海外で真相を使い分ける情報操作を繰り返しているのが外交の実態と言って良いだろう。

 機密保護を理由にした職員の処罰は避けられないのだろうが、外交問題に関して共同幻想を作り出して政治をおこなって来た真実を発覚させたのが処罰理由だとしたら、疑問を禁じえない。

 尖閣ビデオ流失事件が機密保護の強化だけで終わってしまうのでは何の意味もないだろう。情報公開が遅れている外交分野の問題が初めて公開された事件だったのではないだろうか。

 インターネットが普及している情報社会では旧来の外交政策が通用しなくなっているのを実証した事件ではないかとも思う。インターネットには機密扱いの情報を含めた多くの情報がさまざまな目的で公開されている。これを止めるのは難しいわけであり、常日頃から情報漏洩が起こっても、国民がそれに動揺しない情報公開がおこなわれている必要があるのではないだろうか。

 <追記>

 その後の調査で逮捕された海上保安庁職員は最初、米国CNNの東京支局に尖閣ビデオのSDカードを郵送したが、放送されなかったのでYouTubeに投稿したのだそうだが、もしかしたら、全ての放送局に尖閣ビデオのSDカードを郵送したものの、全く相手にされずに放送されなかった可能性もある。

 →尖閣映像流出:保安官、CNNに郵送 放映されずネットに
 →衝突映像、CNNに郵送=「放送されずネット投稿」—海上保安官が供述

 何よりも、マスコミに尖閣ビデオを郵送していた事実はYouTubeへの投稿が発覚した頃にはわかっていたはずであり、マスコミが事実を隠蔽したまま尖閣衝突ビデオの連日報道を続けていたのは間違いないだろう。これが尖閣ビデオのセンセーショナルな報道合戦の真実ならば、マスコミはメディアファシズム以外の何者でもない。



                                   <NOBUAKI>