<連続し対称に並ぶ同じ日付の巨大地震>

連続し対称に並ぶ同じ日付の巨大地震


 今までに不思議な周期性を持ち、同じ日付に連続する巨大地震の謎を考えて来たが、これらの地震に特有な対称性に関して考えてみよう。16進数で左右対称になる年を境にして左右対称に並ぶのは、なぜだろうか。

 1991年の湾岸戦争以降続いている同じ日付に起こった巨大地震を年代別に並べてみると、次のようにA,Bの2種類に分けられるが、どれも同じ日付の地震が16進数で左右対称の年を中心に並ぶという不思議な法則性を持っている。

 A:1991年(7C7)と2007年(7D7)の間で左右対称の時間軸上で起こった巨大地震

 1991年(7C7):
 1994年(+3):1月17日【ノースリッジ地震】
 1995年(+4):1月17日【阪神大震災】※3月20日:オウム事件

 2003年(-4):12月26日【イラン地震】※3月20日:イラク戦争
 2004年(-3):12月26日【スマトラ沖地震】
 2006年(-1):12月26日(台湾地震)
 2007年(7D7):

 B:2007年(7D7)の前後2年に左右対称の時間軸上で起こった巨大地震

 2005年(-2):3月20日【福岡西方沖地震】、10月8日【パキスタン地震】
 2007年(7D7):
 2009年(+2):3月20日【トンガ近海地震】、10月8日【バヌアツ地震】

 A’:2007年(7D7)と2023年(7E7)の間で左右対称の時間軸上で起こると考えられる巨大地震

 2007年(7D7):
 2009年(+2):1月4日【ニューギニア島地震】
 2010年(+3):1月4日【ソロモン諸島地震】

 2020年(-3):同じ日付の地震A
 2021年(-2):同じ日付の地震B
 2023年(7E7):

 SDI(戦略防衛構想)に政治利用された映画「スターウォーズ」の米国公開年である1977年から数えると、1月17日の地震が17年目の17日、12月26日の地震が26年目の26日、3月20日の地震が32年目の3月20日に起こっているが、この事実から逆算すると、2005年10月8日、2009年1月4日に起こった地震は時間軸に対して対称で、8年前の8日、4年前の4日を意味するとすれば、2013年に起こる大事件が原因と考える事が出来る。

 2013年に米国で、2014年に日本で起こるのだと考えれば、逆算した地震の日付と計算が揃う。2013年は映画「スターウォーズ」が初公開されてから36年目だが、同じように地震の日付に揃えた映画を公開するつもりだろうか。

 なお、1月17日の地震が7117、12月26日の地震が6226、10月8日の地震が8008という具合に、加算して8になる数字で左右対称に揃えるように日付が決まっているのだが、3月20日の地震、1月4日の地震もまた、加算して5になる数字に日付が揃っている。これは何を意味するのだろうか。

 また、元号で計算すると2013年は平成25年だが、これは1977年5月25日に初公開された映画「スターウォーズ」が、77年と25日という数字を使っている事から、これを逆にした平成25年7月7日に日付を決める予定であるのは容易に想像がつく。米国は2013年に何を企んでいるのだろうか。

 もし、何か事件が起こって元号が変わったら、いや、それが絶対に起こらないと知っているのかもしれないが、そうだとすれば、アドルフ・ヒトラー暗殺未遂事件が6回繰り返されても成功しなかったような異変が起こり得る事になる。これは何なのだろうか。

 面白いのは、地下鉄サリン事件を起こした一連のオウム事件が起こった日付とイラク戦争が始まった日付は同じ3月20日であるが、16進数で左右対称になる1991年(7C7)と2007年(7D7)から数えて、ちょうど4年前と4年後で左右対称の位置になる事実である。

 日付は揃わないものの、スマトラ沖地震ハイチ地震の犠牲者数は、ほぼ同じ22万人を超えるが、これも2007年(7D7)から数えて3年前と3年後に起こっており、左右対称の位置にある。

 同じ日付に連続した巨大地震が湾岸戦争(1月17日)、ソ連崩壊(12月26日)、アフガニスタン戦争(10月7日)、イラク戦争(3月20日)、日中合同登山遭難事件(1月4日)の日付と同じか、1日しかずれていないのは、事件との因果関係を意味すると考えられるが、なぜ16進数で左右対称な年を中心にして左右対称に並ぶ傾向があるのだろうか。

 光量子の波が干渉して同心円状に並ぶニュートンリングの干渉環や回折格子の虹を知っている人は多いだろうと思う。16進数で左右対称の年を中心にして左右対称に並ぶ傾向を持つ同じ日付の巨大地震は、波動の干渉や回折現象が原因なのだろうか。

 光で考えるならば、16進数で左右対称になる年(1991年、2007年、2023年)にハーフミラーを設置して、光を半分反射してやれば、反射された光が干渉や回折現象を起こして対称な縞模様を作り出しても不思議ではないが、巨大地震の日付が同じになって左右対称に並ぶ現象は、時間軸上で同じような現象が起こったとでも考えないと説明が難しいように思う。

 何らかの波動が16進数で左右対称になる年の前後で反射を繰り返し、干渉か、回折現象を起こして重なった部分で同じ日付の巨大地震が起こったと考えるか、もしくは時間軸上で共振現象が起こって、16進数で左右対称になる年の前後で振幅のピークが起こっていると考えるしかないだろう。

 その波動とは何だろうか。何が原因で起こっているのだろうか。マスコミが沈黙を続けているのは、なぜだろうか。

 大正時代に類似した連続地震が2度起こった例はあるが、日本国内だけであり、犠牲者数も少ないものだった。それに比べると、湾岸戦争後に起こっているのは地球規模の大きな現象であり、数十年間に渡って続いており、犠牲者数が桁違いに多く、衰える兆候もない。

 わかっているのは、大正時代に起こった現象の後、世界恐慌と世界大戦が起こり、当時、世界の覇権を握ろうとしていた日本、ドイツ、イタリアが政治・経済・軍事の全ての面で崩壊した事実である。現在、起こっている物理現象の後に起こるのは世界再編なのかもしれない。

 湾岸戦争から最近までに起こった現象をまとめてみると、これ以外にも第一次世界大戦が起こる直前に起こっていた太陽黒点が1年近く消失する事件、小氷期などが現在、繰り返されている。世界恐慌や世界大戦が起こるまでに発生した珍しい自然現象が全部起こっていると言っても過言ではない。

 世界規模の金融危機が起こる懸念が広がる中で、過去と同じ政策の繰り返しが続いている。桁違いに大きな物理現象が原因であれば、それを止める対策を取るべきだろうが、政府もマスコミも過去と同様に事実を隠蔽し、情報操作し、同じ破綻を待っているようにしか見えない。

 この物理現象は地震という3次元の現象だけでなく、時間軸上でも起こっているので5次元の現象と考えることも出来るが、もし、そうであれば、この宇宙で5次元の地震など起こり得るのだろうか。5次元空間で地震が起こっているのだとすれば、この地震は現在の空間、過去と未来、そして、異次元を含めた全ての時空で同時に起こっている地震だということになる。米国が隠しているのは5次元に関連した軍事機密なのだろうか。

 もう1つの謎は、今までに起こった1月17日、12月26日、3月20日、10月8日、1月4日という、僅か1年から4年以内に同じ日付に2回以上繰り返した地震は、今後、二度と繰り返さないのか。繰り返さないとすれば、何が原因かという疑問である。

 5年が過ぎると繰り返さなくなるとすれば、巨大地震が起こってから4年間は同じ日付に地震を合わせる物理現象が続いていることになる。それが5年が過ぎると巨大地震の日付が揃わないように変わると考えるしかない。

 それにしても、この物理現象の原因は何だろうか。以前に書いたものがあるので参考にしてもらいたい。

 →円周率と巨大地震(6)
 →円周率と巨大地震(7)

 <追記>

 経済政策を巡って政策論争が絶えない状況だが、世界経済に大きな影響を与える地球規模の物理現象を隠蔽し、政治の力だけで解決を図れるのだろうか。この物理現象が勢いを増して異常現象が続発するようになれば、隠蔽を続ける政府やマスコミに対する不信も増大を続けるだろう。

 このまま同じ日付の巨大地震の数が増え続け、多くの地震の日付が揃うようになっても事実を隠蔽し、黙殺を続けるのであれば、信用を失って滅びつつあるメディアファシズムに限らず、政治も同じ運命を辿りかねないだろう。

 この物理現象が16進数で左右対称になる年を基準にして起こっているように、日本経済の成長率も16~17年周期で落ち込んでいる事実を見ると、関連性を無視出来ないように思うが、政府もマスコミも隠蔽を続けたままである。

 →日本の経済成長が止まった原因は何か



                                   <NOBUAKI>