<消費税増税で財政破綻か>

消費税増税で財政破綻か


 政府はアジア通貨危機の頃に失敗した政策を再度実行して経済の傷口を広げた後は、同じく経済の足を引っ張った消費税増税を繰り返して長期不況の泥沼に陥れるつもりだろうか。効果がない経済政策ばかりを出し、景気浮揚に失敗しても消費税増税はおこなわざるを得なくなるだろう。財政破綻が待っているのは間違いない。

 財源が無くなる経済政策ばかりを繰り返して、最後の頼みは消費税増税という悪循環に陥っている日本だが、どうやら本格的に財政破綻に向かうように思える。イラクへの自衛隊派遣費用、ミサイル防衛予算、さらには海賊退治にまで無駄な予算を浪費し続け、財源が不足すると消費税増税である。

 財政再建はどこかに消えてなくなり、赤字国債の乱発が始まり、消費税増税まで持ち出し、待っているのは財政破綻で首がまわらなくなった後の政権投げ出しだろうか。野党に押付ける負債は大きいほど良いという事だろうか。

 今の日本には、自衛隊を海外に派遣したり、海賊退治をしたり、莫大な予算を浪費するミサイル防衛のような政府の道楽に無駄遣いする余裕など残っていない。返済不能な債務に押し潰される日が近づいている。そうなったら、昔のように赤字国債を暴落させて国の借金を帳消しにするのだろうか。

 日本は罠に陥れられていないだろうか。なぜ、二度も金融危機が繰り返されたのだろうか。近い将来に再び金融危機が来る危険はないのだろうか。何度、財政再建しても破綻するまで金融危機が繰り返される謀略ではないだろうか。

 効果的な経済政策は隠されて出て来ない。マスコミも報道しようとしない。太陽黒点が消失した小氷期は、過去の歴史を見ても世界大戦や大恐慌などの大事件が続発している。危険な時代に入っているのだと思う。



                                   <NOBUAKI>