<火星の海はどのくらい続いたのか>

火星の海はどのくらい続いたのか


 火星にどのくらいの間、海が存在していたかは詳しく分かっていないが、最近の探査機による調査で現在から20億年前までは海が残っていたと判断されるオパールの鉱脈が火星上に見つかったという。46億年前に太陽系が生成したとすると、26億年近い期間、火星に海が存在していたわけで、原始的な生命が海に存在したとしても不思議ではないだろう。

 →火星でオパール発見、液体の水存在の新証拠 NASA

 火星上に掘削機を取り付けた探査機を着陸させて、堆積岩の地層を掘ることが出来れば、単細胞生物の化石が見つかっても不思議ではないかもしれない。

 火星に海が存在している間は降雨があったはずで、河川にも水が流れていたのだろうが、海が消失した後は降雨も無くなり、大地の乾燥化が進んだのだろう。

 現在から20億年前と言えば、地球は先カンブリア期であり、現在の生物と比べると遥かに原始的で単純な生物しかいなかった時代である。

 もし、現在まで火星の海が続いていたのであれば、火星に高等生物が存在していたかもしれないが、火星は気候変動が地球に比べて激しい惑星なので、生命が存続するには過酷過ぎたのではないかと思う。

 火星に巨木や大型動物がいたのであれば、衛星軌道上の探査機からでも地表に露出した化石を発見出来ても不思議はないが、その為には海が少なくとも5億年前まで続いていなければならず、20億年前では古過ぎるだろう。

 火星は以前に言われていたよりも遥かに地球に環境が近かった惑星なのだが、20億年前までの話で、それ以降は寒冷化で海が消失し、大気が失われて、希薄な大気しかない乾燥した惑星になってしまっている。

 火星には地殻の流動跡やホットスポットによる巨大な火山群も残されているのだが、地球にある弧状列島が一つも見つからず、マントル対流による大陸移動は無くて、地殻全体が流動したのが原因だと考えられている。

 多くの惑星探査機が写真を送って来ているにも関わらず、日本列島のような弧状列島は地球以外に発見されておらず、地球よりも活動的な天体である木星の衛星イオでも見つかっていないのである。

 弧状列島は宇宙からでも容易に発見出来る地形だが、生命がいる惑星にしか存在しないのだろうか。



                                   <NOBUAKI>