<幼児殺人はアニメの悪影響か>

幼児殺人はアニメの悪影響か


 東金の女児殺害事件は連続幼児殺害事件の悪夢を思い出させるものである。毎年、平均51人の子供が事件に巻き込まれて殺害されていると言われるが、その原因に関してマスメディアの責任を追及する声は報道されない。しばしば問題になる、アニメと幼児殺人の関係は本当にあるのだろうか。

 →5歳女児変死:車で運び遺棄か…足の裏に汚れなく 千葉
 →東金の女児殺害事件 登校・登園、教職員総出で出迎え

 殺害された女児の年齢が5歳、愛称が「ゆきちゃん」だったと聞いて、ピンと来た人は多いだろうと思う。確かに過去に大ヒットしたアニメ番組と共通する部分が多い事件である。

 日本では映画やアニメの影響に対して、専門家が意見を言うのを避ける傾向が強いが、アニメとは本来、宣伝広告の為に作り出され、利用されて来た映像媒体であり、古くから軍や政党によるプロパガンダの手段として使われて来たものであり、その潜在的な影響は無視出来ないものがある。

 アニメの原点はフォービズム(原色主義)という芸術運動である。これは原色系の色を多く使って塗られた抽象絵画であり、観る者に強烈な印象を残す為に宣伝広告として利用され、現在も商品宣伝、政党シンボルなどに使われており、それはテレビに限らず、インターネットでも多用されている。フォービズムやアニメの絵を排除していたら、情報社会は成り立たないと言っても過言ではない。

 だが、その深層心理に与える影響、サブリミナル効果については、全く議論されない状況にあり、学校教育でも教えられていない。

 アニメを映像芸術と考えずに、宣伝効果だけを目的とするシンボルを集めて作られた図形だと考えるとアニメの正体がわかると言われる。アニメの絵がサブリミナルの塊だと批判されるのも、それが理由であり、徹底して幼稚な妄想を宣伝する効果を狙っているのが真実なのである。

 アニメの絵では、人物の眼が誇張して大きく描かれるが、これは顔や眼に観客が注意を集中する傾向があるのを利用して、顔や眼だけを大きく印象づけて、それ以外の部分を意識の外に埋没させるように描かれているのである。

 顔や眼と書いたが、宣伝イメージを植えつける為の図形や記号だと考えた方が良い。顔の輪郭線を丸く、眼を大きく描くことで、赤ん坊を連想させて好印象を与えようとしているのであり、印象を植え付けて置いてから、感情や意識に訴えかける声や台詞で宣伝を補強するという演出を加えているのである。

 アニメの絵は性的シンボルの寄せ集めである。なぜならば、性的シンボルに人間の脳のパターン認識が反応するからである。性的シンボルだと気がつかないような演出を加えながら、露骨な印象を観客に与えようとしている。

 アニメを精神分析学によって解剖し、それが観客や視聴者に与えているイメージメッセージ、サブリミナルに関して詳しく知ると、空恐ろしいものを感じると言われるのは、冷酷なまでに計算され尽くした意識操作(マインドコントロール)がおこなわれている為である。

 アニメで盛んに出て来るテーマであるほど、観客は現実の世界では馬鹿にし、嫌うようになる。正義の為に戦うヒーローアニメが大量生産され、洪水のように放送されるに連れて、いつの間にか、権力の横暴に立ち向かおうとせず、社会正義が蔑ろにされ、向上心を失った人々が増えて、社会が衰退し、生きて行くのが難しい世の中になって行ったのは偶然ではないのである。

 ロリコンや女の子が裸になるシーンばかりのアニメが放送されるに連れて、女性を性の道具としか考えない風潮が作り出され、性犯罪が増え、特に幼児殺人が多くなったのも偶然ではないのである。

 極論を言うならば、人間を幼稚にし、無能力化するのがアニメだと言っても過言ではない。アニメにのめり込む若者ほど、現実の社会では自己の能力を発揮出来ず、孤立しがちになるのは、個人の責任ではなく、アニメのプロパガンダに騙されているからに過ぎないのである。

 現実の社会では解決されなければならない問題が山ほどある。アニメはそれを映像の世界で解決してみせることで、逆に現実の社会問題の解決を曖昧にする効果を狙っていると言っても過言ではない。

 漫画やアニメが大ヒットし、アニメ世代が作り出されてから数十年後の日本が大きく衰退し、破局に向かったのは、アニメに騙された若者達が、社会問題を解決する努力を何もしなくなった結果、次の世代が社会の衰退と破局に晒される結果になったのが原因ではないだろうか。

 人間は本来、現実に関心を向け、現実を変えて行くことで文明を築き、前進して来た生物である。アニメに限らず、テレビ番組の弊害がひどい時代に育った世代が、現実問題に直面した時に解決策を見出す手段が見つからないまま、犯罪や自殺、殺人事件を引き起こしているように思うのである。

 現在、起こっている社会問題、経済の破局など、我々の生活を脅かしている事件の多くは戦前にもあったことである。当時はテレビもコンピュータも無かったが、漫画やアニメ映画は存在していた。現在の破局は情報社会が原因ではない。むしろ、昔からあった漫画やアニメに遠因があるように思うのである。

 アニメにのめりこむと社会問題に関心を持たなくなる。ロリコンになって結婚しなくなるなどの他、社会への不満以上にアニメを含めた娯楽の衰退が社会に悪影響を及ぼしていると言われる。娯楽とは何かが問われていると言って良いだろう。



                                   <NOBUAKI>