<農薬入り中国餃子はテロか>

農薬入り中国餃子はテロか


 中国では以前にも偽装中華まん事件というヤラセ報道があったが、今度は農薬入り餃子が出回って、中国からの冷凍輸入食品全体に影響が出る結果になっているようだ。餃子の袋に小さな穴が開いていることから、テロの可能性も疑われているが、中国国内での犯行なのか、それとも、日本に輸入された後での犯行なのかは、わかっていない。

 去年から今年にかけては、食品偽装事件の相次ぐ発覚で大騒ぎになっているが、今度は海外に飛び火して農薬入り餃子事件である。中国内部の犯行ならば、高度経済成長を続ける中国の国内問題だろうが、日本に輸入された後での愉快犯による犯行ならば、事件が大きく広がり過ぎたと言うべきだろう。

 農薬が入った具を食べて気分が悪くなって吐くというのは、よほど高濃度の農薬で無い限りは起こらないはずである。微量の農薬の混入は過去にしばしば起こっている問題であり、それで嘔吐などの症状が出たという話は聞いたことがない。

 餃子の製造段階ではなく、包装された後で袋に針を差して農薬を注入したものらしいが、これが輸入以前か、輸入以降かで事件の本質が全く異なって来るだろう。

 もっとも、政府の対応を見ていると、輸入食品で問題が起こった場合は全てを疑うという姿勢であり、これは鳥インフルエンザのような保健衛生上の対応から考えて必要なのだろう。

 だが、中国製食品全てを排除しようという意図からではないかという疑問が中国国内から出ているそうである。

 確かに、農薬餃子事件に便乗した中国製食品排撃運動と見られかねないほど、関係が無いはずの食品まで回収が相次いでいる。冷凍食品全般に対する不信を国民に植えつけかねないものである。

 一方で、国内食品への依存率を高めるべきだという意見もある。それも一理あるが、中国の国内問題が日本へ飛び火する問題に対する外交上の対応が不十分だということではないだろうか。

 食品偽装から始まって、我々の口に入るもの全てを止めようとする謀略ではないかと思えるほど、事件の発覚が相次いでいるが、決して外国製だから危なくて、国産だったら安全というわけではないことを忘れないようにしたい。



                                   <NOBUAKI>