<サブプライムローンという詐欺バブル>

サブプライムローンという詐欺バブル


 サブプライムローンが詐欺であるのは米国で始まった頃から識者の間で言われていたことである。サブプライムローンのやり方は株取引の詐欺商法にそっくりであり、その点も指摘されていたのだが、結局、破綻するまで止めることが出来なかった。これは日本の第三セクターも同じだったが、詐欺とわかっていて破綻するまで続けられる愚行は米国も日本も同じであり、その後に来るバブル崩壊の苦痛もまた、米国でも同じであろう。

 土地も株も売りたい時に買い手が付かなくて売れないということがあるものである。ところが、いつでも土地や株が売れるのだと言って顧客を騙し、結局は焦げ付かせて大損させる詐欺商法があるのをご存知の人は多いだろう。サブプライムローンもこの種の詐欺商法の一つに過ぎない。

 サブプライムローンは低金利で土地と住宅を購入させる。それも、日本では考えられないほどのプール付きの豪邸が所得の低い労働者でも手に入る。だが、金利が安いのは最初だけであり、やがて高金利の利払いに苦しめられる結果になる。

 金利が高くなって払えなかったら、住宅を売れば良いというのがサブプライムローンの謳い文句だが、実際には買い手がなかなか付かないまま支払い不能に陥り、破産する結果になる。

 この詐欺の被害者数が膨大であり、米国経済を危機に陥れるのに十分であることも以前から指摘されていたのだが、そのまま放置されて現在に至っている。

 なぜ、こんな詐欺がおこなわれたかについて少し説明して置こう。大型住宅が売れると、家具や電気製品も大型の物が売れる。住宅の大きさに応じて所有者の購買欲が変わるからである。経済成長を目指すのであれば、住宅は豪華で大型であるほど経済には良い結果を生む。また、その数も多いほど良い。こういう経済至上主義が優先され、その後に来る破綻については黙認されたわけである。

 何かに似ていると思う人が多いだろう。そうである。バブルに踊り、第三セクターの破綻で負債を背負わされた自治体と良く似ている。日本の第三セクターも莫大な負債を地方に押し付けて返済不能にし、それが現在も尾を引いて、経済の立ち直りを難しくしている。米国のサブプライムローンも同じ結果を生むだろうことは疑う余地が無い。

 第三セクターの破綻でバブル経済が崩壊した後、待っていたのはバブル崩壊の後遺症であり、情け容赦の無いリストラと雇用不安と低賃金労働によるフリーターやニートの増加であり、それが消費者の購買力を奪って、経済の落ち込みと消費低迷の長期化を生んでいる。

 あの時は大手銀行でさえ倒産の危機に瀕し、それを支える為に政府はなりふり構わず融資を連発したが、景気の後退に伴う激しいデフレーションを止めることは出来なかった。それは景気が回復したと言われる現在も消費の落ち込み、出生率の低下、治安の悪化などの形で後遺症が続いている。

 米国で同じことが繰り返されるのは火を見るよりも明らかだろう。バブル後の景気対策がうまくいかないのは米国でも同じはずである。米国で日本と同じ金融機関の倒産やリストラによる雇用不安、消費の落ち込み、治安の悪化などが長期に渡って続けば、どういう結果が待っているかは言うまでもない。

 歴史は繰り返すと言うが、これから世界恐慌と世界大戦が起こるとしたら、それは詐欺師によって作られたものだったと答えるべきだろう。



                                   <NOBUAKI>