<タミフルの幻覚症状による死亡事故>

タミフルの幻覚症状による死亡事故


 タミフルの副作用が原因と考えられる中学生や高校生の死亡事故が続発しているにも関わらず、厚生労働省は何も対策を取ろうとしていない。なぜ、インフルエンザの治療薬であるタミフルの服用で幻覚症状を起こすのかが良くわかっていないからのようだが、発症している年齢が中高生という10代の子供ばかりであり、大人の発症例がほとんど報告されていないことから、子供にだけ起こる副作用ではないかと考えられる。

 大人と子供では体質に大きく異なる点があることは良く知られている。例えば、薬剤投与を受けた時に、大人では何も症状が出ないのに、子供ではひどい副作用を発症する例がある。しばしば「薬が効き過ぎる。」とか、「薬の量が多過ぎた。」と言われるが、薬の量というよりも、大人と子供では薬に対する過敏性が異なる点があるようである。

 風邪をひいた時にも重症になると幻覚を見ることがある。インフルエンザのように症状が重い風邪の場合は幻覚症状が起こることはあるのだという。それがインフルエンザが原因の幻覚なのか、それともタミフルというインフルエンザ治療薬の副作用なのかが十分に解明されておらず、放置されている状況のようである。

 タミフルの副作用だけで幻覚症状が起こるというよりも、インフルエンザの症状を悪化させる為に幻覚症状を起こすと考えて良いのではないかと思う。タミフルが使い方によっては危険な薬であることを厚生労働省は知っていて認可したわけだから、厚生労働省の責任なのだろうが、このタミフルという薬は欧米ではインフルエンザの特効薬という絶大な評価がされていて、そういう過信した評価が副作用を黙認し、その考え方がそのまま厚生労働省を通して日本の医学会に導入されてタミフルが乱用される温床になっているのではないかと思う。

 厚生労働省の対応を待っていたのでは、犠牲者がどれだけ出るかわかったものではない。子供にタミフルを投与する時には副作用のことを考慮するように指導するべきだと思う。



                                   <NOBUAKI>